研究活動|名古屋大学グローバルCOEプログラム|テクスト布置の解釈学的研究と教育

ここから本文です

研究活動

国際研究集会

第13回国際研究集会

『哲学的解釈学からテクスト解釈学へ』
日程:2011年12月9日(金)~11日(日)
場所:名古屋大学(文系総合館7階カンファレンスホール, 法学部906号室)
使用言語: 日本語・フランス語・英語(同時通訳付)
詳しくはポスターをご覧下さい

このページのトップへ

第12回国際研究集会

『歴史におけるテクスト布置』
"Configuration du texte en histoire"
日程:2011年9月1日(木)~2日(金)
場所:名古屋大学(野依記念学術交流館)
使用言語:フランス語(同時通訳付)・英語
詳しくはポスターをご覧下さい

このページのトップへ

第11回国際研究集会

『文献学と解釈学の間』
日程:2010年12月10日(金)~11日(土)
場所:名古屋大学(文学部1階大会議室・文系総合館7階カンファレンスホール)
使用言語:英語・日本語・フランス語
詳しくはポスターをご覧下さい

このページのトップへ

第10回国際研究集会

『解釈、そのまたの名は―啓蒙期における法テクストの用法』
日程:2010年10月1日(金)~2日(土)
場所:エコール・ノルマル・シュペリウール(フランス・パリ)
詳しくはポスターをご覧下さい。

Round Table『司法における法判断、または具体的正義への法テクスト解釈』
日程:2010年9月27日(月)
場所:ハイデルベルク大学(ドイツ・ハイデルベルク)
詳しくはポスターをご覧下さい。

このページのトップへ

第9回国際研究集会

『ことばに向かう日本の学知―テクスト解釈の集積としての学史―』
日程:2010年9月9日(木)~11日(土)
場所:名古屋大学(文系総合館7階カンファレンスホール)
使用言語:日本語
詳しくはポスターをご覧下さい

このページのトップへ

第8回国際研究集会

『日本語テクストの歴史的軌跡―解釈・再コンテクスト化・布置―』
日程:2009年9月3日(木)~5日(土)
場所:プラハ・カレル大学(チェコ)
詳しくはチラシをご覧下さい。

このページのトップへ

第7回国際研究集会

『Sixth Workshop on Altaic Formal Linguistics (WAFL 6)』
日程:2009年8月29日(土)、2009年9月4日(金)~6日(日)
場所:名古屋大学(文系総合館7階カンファレンスホール、野依記念学流交流館)
使用言語:英語
詳しくはポスターをご覧下さい。

このページのトップへ

第6回国際研究集会

『歴史テクストの解釈学:針路、解釈実践、新たな諸問題』
日程:2009年3月7日(土)~8日(日)
場所:東京国際フォーラム
使用言語:英語・フランス語(同時通訳付)
参加は登録制です。詳しくはポスターをご覧下さい。

このページのトップへ

第5回国際研究集会

『知のテクスト化』
日程:2009年3月5日(木)~7日(土)
場所:パリ東大学(フランス)
詳しくはポスターをご覧下さい。

3月5日、6日の会場はこちらです。

このページのトップへ

第4回国際研究集会

2008年7月19日(土)~21日(祝)
『日本における宗教テクストの諸位相と統辞法』

名古屋大学文系総合館 7F カンファレンスホールにて開催。
使用言語:日本語

このページのトップへ

第4回国際研究集会

若手研究報告者の公募結果について
グローバルCOE第4回国際研究集会 若手研究報告採用者が決定しました。

  • 大塚紀弘(日本学術振興会 特別研究員)
  • ラポー・ガエタン(フランス高等研究院・東京大学史料編纂所 外国人研究員)
  • 小林奈央子(名古屋国際高等学校 非常勤講師)
  • 平野多恵(十文字学園女子大学短期大学部 専任講師)
  • 山本章博(学習院高等科 教諭)
  • アンドレーワ・アンナ(ケンブリッジ大学ギルトンカレッジ 特別研究員)
  • 大東敬明(国学院大学大学院 博士課程)
  • 村松加奈子(名古屋大学大学院 博士課程)

このページのトップへ

第4回国際研究集会

若手研究報告者の公募について
グローバルCOE第4回国際研究集会にて、自らの独創的な研究成果の報告を試みようとする意欲ある若手研究者ないし大学院生の報告者を公募します。
詳しくは以下のファイルをダウンロードしてご確認ください.[2008年5月1日に更新しました.]

このページのトップへ

第3回国際研究集会

2008年2月9日(土)-10日(日)
Identity in Text Interpretation and Everyday Life
『テクスト解釈の中に人間のアイデンティティを探る』
名古屋大学文学部 文学研究科237室にて開催。
使用言語:英語(通訳なし)

このページのトップへ

第2回国際研究集会

2007年12月14日(金)-16日(日)
Balzac, Flaubert. La genèse de l'oeuvre et la question de l'interprétation
『バルザック、フローベル 作品の生成と解釈の問題』
名古屋大学文系総合館 7F カンファレンスホールにて開催。
使用言語:フランス語・日本語(同時通訳付き)

このページのトップへ

第1回国際研究集会

2007年9月7日(金)-9日(日)
Philological and Grammattical Studies of English Historical Texts
『英語歴史テクストの文献学的・文法論的研究』
名古屋大学文系総合館 7F カンファレンスホールにて開催。
使用言語:英語(通訳なし)

このページのトップへ