研究活動|名古屋大学グローバルCOEプログラム|テクスト布置の解釈学的研究と教育

ここから本文です

研究活動

研究員ブリーフィング

第34回ブリーフィング

2011年10月19日に第34回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

金 銀珠 研究員
『「髪の長き女」「髪長き女」「女の髪長き」構造の特徴と役割分担
―平安時代の中古語を対象に―』

このページのトップへ

第33回ブリーフィング

2011年9月28日に第33回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

深津 周太 研究員
『連体詞「ちょっとした」の成立
―情態副詞の程度副詞化が引き起こす一現象―』

このページのトップへ

第32回ブリーフィング

2011年6月29日に第32回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

内田 智秀 研究員
『「叡智と運命」から見る「青い鳥」の幸福について』

このページのトップへ

第31回ブリーフィング

2011年4月13日に第31回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小林 智 研究員
『東京大学法学部卒業生の判決文に見る事実認定』

このページのトップへ

第30回ブリーフィング

2011年2月24日に第30回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

谷部 真吾 研究員
『町を浄化する祭り
―磐田市見付の祇園祭と裸祭―』                                                                                                                                                           

このページのトップへ

第29回ブリーフィング

2011年1月19日に第29回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

前澤 大樹 研究員
『Discontinuous AP Constructions and Raising of the Head Noun within DP』           

このページのトップへ

第28回ブリーフィング

2010年12月14日に第28回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

金 銀珠 研究員
『近代日本の文法学における助動詞の成立』     

このページのトップへ

第27回ブリーフィング

2010年11月16日に第27回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

杉山 奈生子 研究員
『18世紀フランス美術における人体表現について』           

このページのトップへ

第26回ブリーフィング

2010年10月19日に第26回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小澤 実 研究員
『国王のルーン石碑 ゴーム老王からクヌート王まで』                                                                                                                                      

このページのトップへ

第25回ブリーフィング

2010年9月29日に第25回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学部棟130室にて開かれた。

内田 智秀 研究員
『メーテルランクの青い鳥像                                                                          --生成過程で生まれた大衆的幸福の否定の象徴--』

このページのトップへ

第24回ブリーフィング

2010年6月30日に第24回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小林 智 研究員
『明治20年代の判決文に見る「第三者」への対処』

このページのトップへ

第23回ブリーフィング

2010年5月26日に第23回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

谷部 真吾 研究員
『高度経済成長期における祭りと社会                                                              -見付天神裸祭を事例として-』

このページのトップへ

第22回ブリーフィング

2010年4月28日に第22回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

前澤 大樹 研究員
『W類形容詞と非主題的項』

このページのトップへ

第21回ブリーフィング

2010年3月18日に第21回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

金 銀珠 研究員
『近代日本の文法学成立におけるbe動詞解釈』

このページのトップへ

第20回ブリーフィング

2010年2月18日に第20回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

杉山 奈生子 研究員
『アントワーヌ・ヴァトーの雅宴画と会話文化                                                                   ~文化的コンテクストからの図像テクスト解釈~』

このページのトップへ

第19回ブリーフィング

2010年1月21日に第19回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小澤 実 研究員
『記憶と歴史叙述 ブレーメンのアダム「ハンブルク司教事績録」の証言を通じてみたゴーム老王』

このページのトップへ

第18回ブリーフィング

2009年12月16日に第18回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

内田 智秀 研究員
『ベルギーは文学にいかなる影響をおよぼしたか                                                                                    ―国民と民族の狭間で―』

このページのトップへ

第17回ブリーフィング

2009年11月26日に第17回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小林 智 研究員
『「出訴期限規則」の運用をめぐる一考察――理論と実務のあいだ』

このページのトップへ

第16回ブリーフィング

2009年10月22日に第16回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

谷部 真吾 研究員
『行為と伝承                                                                             -見付天神裸祭における行事構成の分析を通して-』

このページのトップへ

第15回ブリーフィング

2009年9月24日に第15回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学高等総合研究館にて開かれた。

前澤 大樹 研究員
『不連続AP構文とtough構文』

このページのトップへ

第14回ブリーフィング

2009年7月2日に第14回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

金 銀珠 研究員
『中古語の主格助詞「の」と述語の名詞性』

このページのトップへ

第13回ブリーフィング

2009年6月4日に第13回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

杉山 奈生子 研究員
『彫刻表現に関わる言説                                                                          ~18世紀フランスの場合~』

このページのトップへ

第12回ブリーフィング

2009年2月19日に第12回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

永田 道弘 研究員
『Procédé et/ou processus
-レーモン・ルーセル『アフリカの印象』の生成をめぐって』

このページのトップへ

第11回ブリーフィング

2009年1月22日に第11回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小澤 実 研究員
『日本におけるヴァイキング社会像の需要と解釈』

このページのトップへ

第10回ブリーフィング

2008年10月23日に第10回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小林 智 研究員
『司法の近代化と自律的法解釈の条件整備』

このページのトップへ

第9回ブリーフィング

2008年9月11日に第9回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

品川 大輔 研究員
『ルワ語(Bantu, E61)における*-ag-aの分岐仮説』

金 銀珠 研究員
『中古語の主格助詞「の」と術後の名詞性』

このページのトップへ

第8回ブリーフィング

2008年7月30日に第8回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

谷部 真吾 研究員
『祭りの統合機能に関する覚書
--遠州「森の祭り」の戦中期を事例として--』

小澤 実 研究員
『ハーラル青歯王によるイェリング・モニュメントの形成
--そのテクストとコンテクスト--』

このページのトップへ

第7回ブリーフィング

2008年7月2日に第7回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

杉山 奈生子 研究員
『ピュグマリオン効果
~生きているかのような彫像の歩み、18世紀フランスを中心に~』

このページのトップへ

第5回ブリーフィング

2008年4月25日に第5回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

西村 善矢 研究員
『中世初期イタリアの証書(カルタ)とその利用
--テクストの内側と外側--』

このページのトップへ

第4回ブリーフィング

2008年2月29日に第4回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

小澤 実 研究員
『政治的表徴としてのルーン石碑』

谷部 真吾 研究員
『高度経済成長期における祭りの変化
----遠州・森の祭りの終戦後~1974年を事例として----』

このページのトップへ

第3回ブリーフィング

2008年1月22日に第3回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

品川 大輔 研究員
『シェン(Bantu G40E)の言語構造的特性の記述』

金 銀珠 研究員
『日本語における主格助詞「の」の歴史的展開』

このページのトップへ

第2回ブリーフィング

2007年11月21日に第2回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。

西村 善矢 研究員
『モンテ・アミアータ修道院の証人・同意人副署について
----中世初期イタリア証書の生成論に関する予備的考察----』

小林 智 研究員
『本近代秩序の解明に向けて――自由・法規範・権力行使』

このページのトップへ

第1回ブリーフィング

2007年10月31日に第1回グローバルCOE研究員ブリーフィングが
名古屋大学文学研究科グローバルCOEオフィス(名古屋国際センター)にて開かれた。
2名の研究員による研究発表がなされた。

永田 道弘 研究員
『生成論はフーコー的ルーセル像をいかに変えうるか?』

杉山 奈生子 研究員
『18世紀フランスにおける彫刻の受容〜描かれた彫刻と綴られた彫刻』

このページのトップへ