プログラム紹介|名古屋大学グローバルCOEプログラム|テクスト布置の解釈学的研究と教育

ここから本文です

プログラム紹介

海外との連携

本プログラムが育成しようとしているのは、自らの研究成果をすみやかに国際的通用性の高い言語で発信できる若手研究者である。
21世紀COEプログラムでは、海外の多くの大学や研究機関との連携と交流により、豊かな成果を挙げた。
プロヴァンス大学人文科学センター(フランス)、フランス国立科学研究機構(CNRS)、ソシュール研究所、フランス国立テクスト史研究所などの海外諸機関とは、名古屋あるいは現地で開催された国際シンポジウムを通じて、学問的、人的交流の実を挙げ、相互の対等な学問的協力関係が構築されているが、これに教育面での協力関係を付加するとともに新たに提携先を拡充する。
これら若手研究者には、国際シンポジウムなどの開催を通じて学問的国際体験を蓄積させるとともに、計画中の様々な事業において研究発表を行わせ、恒常的に研究の点検を行い、所要の期間内で学位請求論文を提出させるべく、充分な助言と支援体制を措置する。

(フランス) (オーストラリア)
  • マコーレー大学
  • マードック大学
(その他)
  • カリフォルニア大学歴史学部[米国]
  • 梨花女子大学[韓国]
  • 国立シンガポール大学[シンガポール]
  • ヘルシンキ大学[フィンランド]

このページのトップへ